::: Home |
|   ◆中文 |   ◆sitemap |   ◆NCL
臺灣漢學資源中心
 
:::
Share: facebook Twitter

「台湾漢学リソースセンター」

(https://www.youtube.com/watch?v=KIXkluakLlY&feature=youtu.be)

国家図書館(以下本館)では30年にわたり漢学研究に関する出版事業や学術交流を実施して参りました。そしてこの長年の経験をもとに、2012年より「台湾漢学リソースセンター」(中国語名称:台湾漢学資料中心、英語名称:Taiwan Resource Center for Chinese Studies、以下TRCCSと略)を国外の主要大学及び研究機構に設置し、海外諸国の漢学研究機構との協力体制を強化し、国内外の漢学研究交流を推進しています。TRCCSでは台湾における漢学研究の成果を国外に広めるだけでなく、グローバルな漢学研究に向けたリソース・情報共有プラットフォームを立ち上げ、中華圏と欧米の文化交流の発展、深化に貢献しています。

このTRCCS設立に至るまでにも、本館では長年に渡って漢学研究の発展を推進して参りました。我が国では1981年に「漢学研究資料サービスセンター」(漢学研究資料及服務中心)を創設し、本館が関係業務を兼務する体制をとって参りました。その後同センターの学術研究関係の機能を強化する目的で、1987年に「漢学研究センター」(漢学研究中心)と改名し、以後長年に渡り努力を重ねて参りました。現在同センターでは22万冊の蔵書を有しており、他に定期刊行物3種を出版しております。またこれまでに叢書33種及び漢学研究資料シリーズ(館蔵与漢学資料彙編)5種を出版し、デジタルアーカイブ10種を構築いたしました。なお同センターが漢学資料の収集に特化しているのに比べ、本館の図書リソースは数量、種類ともに豊富であり、目下本館所蔵図書は450万冊を上回っております。本館ではこのように国内外で長年に渡り学術資源を蓄積して参りましたが、引き続きTRCCSを通じて学術資源を世界中に提供して参ります。

1990年代以来、台湾の経済発展と民主化という二つの奇蹟は広く世界中で賞賛されて参りました。このような経済発展や民主化をもたらした社会的背景を検討する目的から、多くの国外の研究者が台湾の文学や寺廟、教育、映画などの研究を開始し、その結果研究リソースや出版物に対する需要が急速に高まって参りました。そこで本館ではTRCCSに台湾の豊富な漢学研究出版物を提供して参りました。

本館は、TRCCSの設置が以下の点で世界に貢献できると考えております。

(1)台湾における漢学研究の成果及び学術資源利用のためのプラットフォームの提供
TRCCSの協力機関では毎年台湾で出版された各種出版物及び視聴覚資料、デジタルリソースが利用可能となります。著作権の都合上、本館ではIPアドレスの範囲を制限して協力機関に本館及び漢学研究センターが収集・整理したデジタリソースを提供しています。また本館ウェブサイトに国内の他機関が公開している漢学研究リソースのリンクを掲載することで、協力機関に情報を提供し、研究者や専門家が資料にアクセスする際の利便性を高めております。

(2)国内外の漢学研究の交流促進
TRCCSを設置する協力機関はいずれも世界各国の著名な漢学研究機関及び大学であり、それら諸機関のお力添えを得て、学術交流や各種専門分野の交流を推進しております。また本館においても各協力機関と共に漢学研究に関する学術活動や各種文化活動を実施して参る所存です。なお本館ウェブサイトでは海外各機関に設置したTRCCSのリンク及びその活動を紹介しております。TRCCSは漢学研究の新たなプラットフォームとなることでしょう。

(3)文化的多様性の促進、強化
2013年末現在、アメリカ、ロシア、イギリス、ドイツ、ラトビア、マレーシア、ベトナムの各国の研究機関でTRCCSを設立しております。TRCCSの台湾研究及び漢学研究の充実した各種リソースは、TRCCS設立各国の文化をより豊かにするものであると確信しております。これら諸国との協力関係を構築する中で、私達は非華人の学術グループが漢学に大きな関心を寄せていることを認識するに至りました。また世界各国で漢学が賞賛され、そして学習されていることを知るにつけ、このような地道な交流がいわゆる「文明の衝突」や対立を乗り越え、世界平和へと邁進する大きな一歩となると信じております。

TRCCS設立後、本館では初年度より500〜1000冊の台湾で出版された良質の学術書及び視聴覚資料を各機関に寄贈し、次年度以降も毎年一定数の寄贈を継続しております。また著作権の関係上IPアドレスの範囲を制限してはおりますが、海外のTRCCSに本館及び台湾の主要研究機構が設立したデジタルリソースを提供しております。また本館が開催する漢学研究関係の各種学術活動(シンポジウム、講習会、講演会)にTRCCS協力機関から一定数の研究者を招聘し、双方の協力関係を強化しております。協力機関の方では専門スタッフを配置してTRCCSの各種業務(資料の収集、整理、検索機能の提供等)を行っております。またTRCCSの組織名を冠したオフィスを設置し、各種資料を閲覧に供しております。その他にも、①毎年少なくとも一回は台湾の漢学リソース発展のための活動を開催、②協力機関のウェブサイトにTRCCSのリンクを掲載、③漢学研究関係の出版物その他を提供しております。このようにTRCCSでは本館が海外で展開する漢学研究関係の学術活動やその他各種活動、あるいは漢学研究の文献収集に尽力しております。

Contact Person:Leo Lin, International Cooperation Division
Tel:886-2-23619132 ext. 162
Fax:886-2-23820747
E-mail:cwei0029@ncl.edu.tw

2014 Taiwan Lecture Series Held in the TRCCS

Institute of Oriental Studies, Russian Academy of Sciences

台湾の国家図書館の主催した「台湾漢学講座」の招聘された中央研究員台湾史研究所のリサーチ・フェロー兼副所長である劉士永教授(Michael Shiyung Liu)が、ロシアの東方研究所で “Digital Resources and Taiwan Studies (電子化の資料と台湾研究)” について講演した。



2014.5.16

台湾の国家図書館の主催した「台湾漢学講座」の招聘された中央研究員台湾史研究所のリサーチ・フェロー兼副所長である劉士永教授(Michael Shiyung Liu)が、ドイツのライプツィヒ大学(Universität Leipzig)で “The Study of the Taiwan History of Medicine and Digital Resources: A Case Study of the 1939 Film "Malaria(台湾医療史の研究と電子化の資料:1939年のマラリヤに関するフィルムを例にする)” をテーマにして講演した。


 2014.6.19  「臺灣漢學講座」邀請中央研究院近代研究所研究員林滿紅,於英國倫敦大學亞非學院主講「The May 26, 1971 Note: A Basis for Taiwan’s Sovereignty Claim over the Diaoyutai Islets (有關釣魚臺的1971/5/26照會)」和「Taiwan, Manchukuo, and the Sino-Japanese War(臺灣、滿洲國與中日戰爭)」兩個主題。演講結束後,與會貴賓合影留念。前排左起:俞小明主任、林滿紅(Man-houng Lin)教授、羅達菲(Dafydd Fell)教授。

台湾の国家図書館の主催した「台湾漢学講座」の招聘された中央研究員近代史研究所のリサーチ・フェローである林満紅教授が、イギリスのロンドン大学のSchool of Oriental and African Studies (SOAS)で “The May 26, 1971 Note: A Basis for Taiwan’s Sovereignty Claim over the Diaoyutai Islets” をテーマにして講演した。(「尖閣諸島に関わる1971/5/26付けの照会」と「台湾・マンチューリアと日中戦争」について講演した。前列中者は林満紅教授)


臺灣漢學講座主講人美國德州萊斯大學音樂學院陳士惠教授演講現場座無虛席

台湾の国家図書館の主催した「台湾漢学講座」の招聘された台湾大学音楽学研究所の沈冬教授が、アメリカのニューヨークにあるQueens LibraryのFlushing分館で「周藍萍さまと〈綠島小夜曲〉の伝奇」について講演した。



Research grant for foreign scholars in Chinese studies.

Research grant for foreign scholars in Chinese studies.

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
logo   国家図書館著作権に関する声明
当サイトは下記の閲覧環境でのご利用を推奨しております。画面サイズ 1024x768
所在地: No.20, Zhongshan S. Rd., Zhongzheng District, Taipei City 10001, Taiwan (R.O.C.) 交通アクセス/交通案内図
電話(TEL):886-2-23619132
ファックス番号(FAX番号):886-2-23820747
E-Mail:trccsicd@ncl.edu.tw
http://ncl.edu.tw
無障礙標章